Skip to main content

MicrosoftのCEO Satya Nadellaさんによると、“Every company is a software company”「すべての企業はソフトウェア企業です。」 ビジネスで成功するには、企業はデジタルビジネスの世界に向けてデジタル化するための優れたソフトウェアシステムを備えている必要があります。

「ハイテク」イメージにもかかわらず、日本は多くの点で比較的「ローテク」です。イギリスのシェフィールド大学の教授リチャード・ワタナベヒロアキさんによると、COVID-19の蔓延に対応するために多くの国の企業が「在宅勤務」に移行した一方で、多くの日本企業のオフィスは適応できませんでした。 日本のIT研究グループITRは調査対象の企業のうち、スタッフがリモートで作業できるオンラインシステムを持っているのはわずか28%であると報告しました。 デジタル化のレベルが低いことも、日本の労働生産性の低さの主な要因であり、G7諸国の中で最も低いです。 COVID-19の発生により、デジタル化は民間部門と公共部門の両方にとって緊急の問題となっています。

日本情報システムユーザー協会(JUAS)と野村総合研究所(NRI)が行った企業の調査によると、90%が日本企業のデジタル化が欧米に遅れをとっていると回答しました。 39.4%が「圧倒的に遅れている」と回答し、50%が「やや遅れている」と回答しました。 さらに、ブルームバーグニュースは、デジタル化が日本の経済成長を倍増させる可能性があると述べています。

東京大学と独立行政法人経済産業研究所の共同研究によると、データ分析や機械学習などの新しいテクノロジーを適用するビジネスは、既存の顧客の要件を満たすだけでなく、より幅広い顧客のニーズに対応できると報告されています。 新しいビジネス分野で発生する可能性があります。さらに、企業は新製品からより多くの売上と利益の貢献を得ることができます。

user

Author user

More posts by user